ウィーン市庁舎前でニューイヤーコンサート鑑賞 [2020年1月1日]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新年あけましておめでとうございます。

1月1日です。
昨日夜に今回の旅行のメインイベントであるウィーンフィルのジルベスターコンサートに行き、本日は実質ウィーン滞在の最終日になります。

本日は、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートをウィーン市庁舎前のパブリックビューイングで観る事にします。


行程① 移動 成田→モスクワ
行程② 移動 モスクワ→ウィーン
行程③ 滞在 ウィーン ※今ココ
行程④ 移動 ウィーン→モスクワ
行程⑤ 移動 モスクワ→ウィーン

新年の散歩を兼ねて、早めにホテルを出発し、最寄り駅からトラムに乗って移動します。

今回はちゃんと市庁舎前まで運行していました。
見知らぬ土地に連れていかれず一安心です。

ウィーンの朝はとても良い感じです。
今自分は海外にいる事を実感します。

朝の市庁舎前は人も少なく静かな雰囲気です。
さぞかしカウントダウンは盛り上がったことでしょう。。。

市庁舎前の広場まで来ました。

ニューイヤーコンサート開始までまだ全然時間がありますので、人は全然いません。
これがコンサート開始時間になると超混雑します。

近くに仮設の有料スケート場があります。

お客はほどんどいません。

ニューイヤーコンサートの時間までまだありますので、市庁舎近くを散策します。

市庁舎の横から裏側の方に歩くことにしました。

本日はところにより強い風が吹きます。
ちゃんと防寒対策をしないと体を冷やし風邪を引いてしまいます。

ウィーン市庁舎の裏側にやってきました。
前には空き地があり、記念撮影をしている観光客が何名かいました。

再び市庁舎前のパブリックビューイングエリアに戻ってきました。
先ほどよりは、人が集まってきました。
コンサート開演までベストポジションで待つ事にします。

ニューイヤーコンサート開演直前です。
人が相当集まってきています。
この前のスクリーンに映像が投影されます。

音声はスクリーンの方ではなく、横のステージのスピーカーから出ます。
私の鑑賞位置は正面を向けばスクリーンで、左側を向けばスピーカーが正面にくる位置です。
おそらくこの場所がベストポジションです。

時間となり、コンサートが開演しました。
昨日、楽友協会でジルベスターコンサートを鑑賞し、本日は市庁舎前でニューイヤーコンサートを鑑賞しいているこの状況、昨日はあの場所にいたんだなーと、不思議な感じがします。

市庁舎前でのニューイヤーコンサートの雰囲はこんな感じです。

ウィーン市庁舎前 2020年1月1日 その①

みなさん、ウィーンの寒さに耐えて鑑賞しています(笑)
市庁舎前はものすごい人です(1:10~1:15)

ウィーン市庁舎前 2020年1月1日 その②

アンコールの「美しき青きドナウ」では、地元のご年配の夫婦は結構な割合でワルツを踊っています。
日本にはまず見られない光景で、ウィーンではクラシックが市民生活の一部になっているのと感じた瞬間です。

そして寒さに耐えて、ニューイヤーコンサートを鑑賞した!
感動した!!

来年以降で市庁舎前でニューイヤーコンサートを鑑賞する場合は、完全防備で参加される事を強く推奨します。
ダウンジャケットと耳当ては必須です。
ニューイヤーコンサートの鑑賞が終わり、このままシェーンブルン宮殿に行くことにします。


ご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました